作業員

スタッフの対応を見て家屋解体の優良業者を見極める

家の解体作業

工事現場

手順や業者選び

最近ニュースなどで取り上げられることが多い話題として挙げられるのが、空き家についてです。空き家の有効活用として民泊を行う人も多いようですが、やはりいったん更地にして他の用途を考えるほうが得策でしょう。空き家に限らず家屋解体には、いくつかの手順を踏む必要があります。まず始めにやるべきことは、届け出や手続きを行うことです。家屋解体を行うには、建設リサイクル法に基づいて市区町村に届け出を申請する必要があります。また安全に家屋解体を行うために、ガスや電気を止める手続きも行います。次に建物内の家具や家電などを処分します。冷蔵庫やテレビなどの家電を処分する場合は、家電リサイクル法の対象になるので注意して処分します。家屋解体が終了すれば、建物滅失登記を法務局に申請して終了となります。これらの家屋解体の一連の手順は、専門業者に行ってもらうと効率的です。仮に大阪で家屋解体の専門業者を探すとします。大阪で営業しているいくつかの業者をリストアップし、料金を比較します。ほとんどの場合、家屋解体にかかる料金は建物によって違います。大阪での相場は、木造住宅の場合は坪単価3万1000円、鉄骨造住宅の場合は坪単価4万7000円です。またアパートや長屋は坪単価3万3000円です。これらの相場と照らし合わせながら、候補の業者を見比べ決めていきます。大阪や東京などの都市部にはたくさんの業者がありますが、料金を比較すれば簡単に絞り込むことができるでしょう。